断酒奇譚

フリースタイル断酒ダイアリー

御社の仕事のだるさについて考察する

おっす!オラDanshuー!

ひえーっ!オメエ強えな!!まだ御社で働いてんのけ?!!

オラワクワクすっぞ!!(あいさつ)

 

というわけで、私がなぜ御社で働きたくないのか、考察して見ました。

 

2年もお休みを頂戴しておりましたので、その間にすっかり洗脳も解け、世間並みの思考が出来るようになった次第であります。

 

形式主義

皆さんもお若い頃にはひしひしと感じていらっしゃったのではないでしょうか?

はい、形式主義です。

「こんなん誰得やねん」という謎の儀式が山ほどありますね?

それを「仕事」と称して1日中、そして1年中、そして生涯に亘ってプロパー奉仕していらっしゃるおじ様方も山のようにいらっしゃいます。

雇用を生んでるんでいいんですけどね()。

 

年功序列

①の形式主義について、「お若い頃はひしひしと感じてらっしゃったんではないですか?」と申し上げましたが、今はどうでしょう?

10年後は如何でしょうか?

もはや何の疑問も抱かず、むしろ若い世代に「考えるな、感じろ」と押し付ける側に回っている事でしょう。

理由は「自分もそうされてきた」からです。

寒っ!!

 

③通勤

これは御社に限りませんが、私も先日15分間の産業医面談のために往復4時間かけて新橋に来るよう言われて久々電車に乗りました。

たった15分間の面談「おー、もうちょっと頑張ろうな!」と言われて終わりです。

非 効 率

 

④長時間残業

形式主義年功序列の罠、非効率な移動時間が生むものは?

そう、長時間残業です。

効率的に作業できないのですから、当然夜遅くまでやる事になります。内容は非常に薄っぺらです。

しかもそれが時間給()を生むのですから自ら進んで居残りをする者もおり、中には大仏様のように瞑想に耽っている方もいらっしゃいます。

合唱。

そして自らがわざと時間を掛けているなどと思われないために、定時で帰る若者を非難し始めます。

若者はまともなので、効率的に作業を進めた結果、定時までに仕事を終えただけなのにです。

決まり文句は「あいつは頑張ってない()」「努力()してない」「チームワーク()を重んじてない」「マインド()を軽んじてる」「ビジネスマナー(?)」「エアーが読めてない()」などです。

こうして、真っ当な思考を奪われた若者も、やがては似たようなおじ様になり(以下ry

 

現在も御社で働いている優秀な皆様におかれましては、真っ当な思考を保ちつつ、気が狂わない程度に役割を果たして、出世して頂きたいと思っています(これはマジ)。

そしてアホみたいなしきたりを是非廃絶してください。多分無理だけど。

 

以上、つらつらと書記連ねていて参りましたが、私が御社を去る理由は、更に連ねればキリがありません。

一言で言えば、「だりーんだよクソガァァァ」です。

 

人類の進歩と断酒。

ホントに重要だお。

 

 

 

 

やりたいことなんて1ミリもねぇよ

セブンイレブンホリエモンの「後悔しない生き方」と言う本を立ち読みしてから、ホットコーヒーを買った。レジのとこに作業員風の男が立っていて、うんざりした顔をしていた。

 

「本気でやりたいことをやり、後悔しない生き方をしよう」と本には書いてあったが、こうして俺と同じくらいの歳でうんざりして疲れ切った男の顔やレジ打ちのお姉さんを見ていると、「現実ってそんなキラキラしたもんじゃねぇよな」と思えてくる。

 

それから公園に行って、俺は何をしたいのかとかそう言うことを考えながら懸垂したりした。

 

全くやりたいことなど思いつかない。

強いて言えば苦痛を避けることくらいか。

その為に金儲けをするというのは、少しだけ素敵な考え方に思えて、脳汁が1ミリだけ放出される。

 

それから、公園の中をブラブラ歩いていると、今日は本当に天気が良く、4月だというのに真夏みたいに暑い、これってタイとか南の島の天気と一緒だなと思う。

 

そう言えば昔仲間とタイに行ったり、1人でタイに行ったりしたときに、タイの女の子と夜を共にしたが、最高だったな。酒に酔って女の子と一晩中やること。これならば大分「やりたいこと」と言ってもいい。というか、これが俺のやりたいことだという結論に達した。うん。

あれやな、短く持って、コツコツと。

断酒〜

 

失敗〜

 

さて、本業となりつつあるクリプトカレンシートレードだが、トレードなんつっても特にやることはない。

 

アビトラだけだ。

 

安い取引所でビットコインを買って、高い取引所で売るだけ。

 

リスクなんて1ミリも取るつもりはない。

 

国内の取引所だけでも4〜5万の価格差があることもザラだし、海外もUSD入金できれば余裕でアビトラできる。

 

例えば安いQuoinexで90万で1BTC購入して、高いZaifで95万でそれを売るだけ。

 

これで5万円。3BTCあれば1日15万円。

 

日本円も270万円あればこれが達成できる。

 

お金持ちの人ほど、リスクを取らずにコツコツ儲けることができるだろう。

 

ただ、ビットコインは一瞬で着金するとしても、日本円の出し入れは意外と時間がかかる。

 

例えば、朝9時に住信SBIネット銀行からQuoinexに入金。

 

すると午後イチくらいに入金完了。

 

そっからうまくいけばさっきの手法で15万円を稼いで、今度はZaifから日本円出金。

 

これが公式ホームページにも2営業日頂戴しますなんて書いてある通り、2日かかる。

 

同じくQuoinexからのBTC出金も2営業日。

 

つまり、3日に1回、うまくいけば15万円稼げるわけだ。

 

でもこれ、理想通りなら1ヶ月に150万円だ。

 

もちろん随時そのような利ざやが開いている訳ではないので、最高にうまくいってこれぐらい、ということ。

 

だいたい1万円を割るような利ざやしか開いていないことが多い。

 

1万円なら月50万円。

 

これでもまぁ悪くはない。

 

仮想通貨界隈では、やれあれが上がっただの、これが下がっただの色々あり、中には一夜にして1億円儲かった、みたいな話もあるが、裏を返せば、1億円損していたかもしれないということ。

 

そして1億円儲かっている人の裏側には、実際に1億円損している人がいる。

もちろん一人の人ではなく、複数の「養分」たちが、1億円儲けた人の糧となっているのだ。

 

100人が100万円ずつベットしている銘柄があったとして、100人に一人しか1億円稼げないイメージ。

 

100分の1の確率で1億円儲けられるなら、悪いことはないじゃないかと思うかもしれないが、100万円を100回賭けるなら、それは1億円だ。

 

だったら270万円と3BTCでコツコツ月50万円ずつ当てていったら、200ヶ月で億り人。こっちのが現実的で賢い戦略のような気がするのは私だけだろうか。

 

そもそも相場に張り付く集中力もないし、界隈の「あれが儲かる」などという話には疲れ果ててしまった。

 

不思議なことに、そういう話を聞いていると、心の深い部分が疲れ果ててしまう。

 

だから私は、利ざやが開いているうちは、淡々とアビトラをやる。

 

そして酒を飲む。

酒の不思議な話

若い頃はぜんぜん酒を飲んでいなかった。

学生時代も本ばかり読んでボッチの時間を過ごしていたので、

最初に「酒害」に出会ったのは社会人になってからの飲み会だ。

 

いつもつまらない会社の人たちの顔が輝いて親しげに見えた。

酒ってこんなに楽しいものなのか、と思った。

 

そのうち家でも一人で飲むようになった。

休日はどこかに出かけるよりも、部屋で飲んでいたかった。

出かけるとしても、酒を飲みに出かけるか、飲んでから出かけた。

 

そんな生活が10年くらい続いて、ある時自分は、酒は好きだし、会社の同僚と飲むのは楽しいけれど、同時に酒に困ってもいる自分を見出していた。

 

酒の席で何度か恥ずかしいことをやらかしてしまったこと。

酒を飲んだ翌日、だるくて何もやる気が起きないこと。

肝臓の数値も芳しくないこと。

 

しかし、酒をやめるという選択肢はなかった。

ほとんどのことが酒と結びついていたし、素面でいるのは仕事中くらいだった。

 

その後、結婚したが、妻と出会ったのも酒の席でのことだ。

 

この人生、酒という川に浮かんで進んでいるようだ。

しかし、ときどき溺れそうになり、陸に上がろうとするが、陸の上での生活はひどく味気なく、また川に戻りたくなるのだった。

 

昨日興味深いサイトをみつけた。

心の家路 〜アルコール依存症からの回復と自助グループの勧め〜

 

夜中に、もちろん素面で読んでいたのだが、なんというのだろう、奇妙に興味がそそられて、結局明け方近くまで読み通してしまった。

それでもまだ全部読みきっていないので、続きはこれから読もうと思う。

 

むかし観たトレインスポッティングという映画にも感じたことだが、アルコールや薬物にはまってしまうと、人生がそれを中心に回り出す。

「それをやる」

「それをやめる」

「それについて考える」

 

なるほど濃厚な付き合いだ。

 

人は常に何かに依存しているとは思う。

仕事や恋人や、そのほかなんでもいい。

それがたまたま「それ」だった、ということなのだと思う。

 

少なくとも、茫漠とした真っ暗な宇宙のような世界で、つかまる場所はできたのだ。

 

思うのは、酒を飲み始める前の人生では、つかまるものがなく、非常に心細かったということだろう。

その頃は主に文学の世界に何かを求めていた。

 

ここではない、どこかへ」常に向かう気持ちがあった。

 

外国に行けば、人生が変わる。

何かをきっかけにして、人生が変わる。

 

そうだ、変わることを求めていたのだ。

 

たとえば、外国の写真を見る。

ストックホルムなんかがいい。

そこには当然のことながら、これまでの人生で一度も関わりあったことがなく、恐らくはこれからの人生でも関わり合うことのないであろう人たちの生活が写っている。

 

日本とは全く違う造りの建物の窓に、明かりが灯っていて、暖かい色だ。

 

そこに住んでいる住人だったら、どんな人生だっただろう。

 

そんなふうに思うだけで、1時間くらい意識が飛んでしまうのだった。

 

だが、そのうち就職して忙しさと酒の味を覚えると、そんなことを考えることもなくなった。

 

あれから10年あまりが過ぎ、ふと仕事を離れ、酒も離れて見ると、自分にはまた、なんの縁もない遠い場所を空想する癖が残っていたことに気づく。

 

10年あまりまともに読書もしてこなかった。

久しぶりに読んで見るか。

お金と生活の悩みの話

どうもお金なんて気にしないと思っていたところがある。

どういうわけでそんなふうに思ったのか不明だが、自分の中に強固に既成概念として残っていたっぽい。

でも、ここ数ヶ月、「金さえあれば、だいたいの悩みは解決可能である」という事実に気づいて驚いている。

 

そもそも、わたしはうつ病を患って休職中だが、ぜんぜん治らず、復職できるのかも怪しい。

 

復職したいかどうかも怪しい。

 

会社員生活は楽しかったが、心の底で、「おれ、なにやってんだろ・・」というのがずっとあった。ずーーーーっと、あった。

 

どんなに仕事やる気出しても、やる気ないやつに引っ張られて躓いた。

 

例えば、仕事を早く回す工夫をしたとすると、それで早く帰れる、とはならない。

(早く帰りたかった)

実際は、グループに必ずいる残業代目当てのおっさんとか、仕事ができない一般職の女とかの仕事が、なぜか関係ないはずの私に回ってきた。

 

だから、やる気出しても、意味ない。

給料上がるわけじゃないし。

 

そんな毎日で、なんとなく、頭ボンヤリしながら満員電車に詰め込まれていたら、いつの間にかうつ病を発症した。

 

それで、しばらく休んでいたんだけど、最近まるで空から降ってきたみたいに気づいた!

 

「お金があれば解決するじゃん」

 

仕事の悩み、生活の悩み、自分の色々な悩み(割愛)、将来の不安・・・

 

欲しいものなんて何にも無いんだけど、嫌なことから逃れるためなら仕方ないよね。

 

しょうがねえ、お金でも稼ぐか。

 

でも、イヤな事して稼ぐつもりはない。

 

すごくやりがいのあることして稼ぐつもりだ。

 

それは、投資、てかトレードだね。

こないだ仮想通貨で大相場があって(つーか、本当に毎日いろんなことが起きる)

夜を徹して取引したんだけど、楽しかったなぁ。。

 

あんなに楽しかったのは久しぶりだ。

 

もうけたし。

 

こうやって自分の好きなことをして生きていくつもり。

 

会社はやめる(キッパリ)。

 

・・・あ、でも、投資で失敗したら、やっぱり戻るかもw

 

リスクヘッジは大事!(白目

断酒奇譚(5)眠剤と417Hzで暁知らず

酒の代わりになるものが見つかるとは思ってなかった。全然期待してなかった。

 

でも、今。

 

これはいいんではないか。

 

眠剤と417メガヘルツのヒーリングミュージックです。


【417Hz】驚くほど幸福が舞い降りる宇宙の周波数

 

あとこれもいい。


人類にとって最良の周波数528Hz The best frequency for humans 528 Hz

 

ぱっと見胡散臭いんだけど、まあどうでもええや。

 

酒飲んで、(飲まないで)、手元の睡眠導入剤を入れて、ベッドに横になって、これをうすーくかけて見なさいや。そしてベッドでじっとしていなさい。何か気になっても、敢えてじっとしているのです。

 

30分後には私の言ってることの意味が分かるでしょうて。

 

ほらもう、違うフィーリングになってきたでしょ。

 

また、明日〜。

 

爽やかに目覚めるよ〜。

 

まるで別人みたいに、スッキリだよ〜😄

 

よかったやん!

断酒奇譚(4)レディオヘッドは上流階級のお遊びロック

断酒男だ。

 

レディオヘッドが好きだ。


Radiohead - Creep, Live (Rare) '94

 

彼らがイギリスの上流階級出身だってことを知っている人は少ないんじゃないだろうか。

 

日本に住んでると、「階級」なんてのは普段は意識しないもんだ。

 

まぁ、たぶん、俺みたいなフツーの端くれの人間なら、意識しないはず。

年収が数百万多かろうが、少なかろうが、それなりにやっていくだけの世界だ。

俺にとって階級なんてのは、そんなもんだ。

 

ところが、イギリスでは「階級」もしくは「階級意識」ってのは根強く残ってるものらしい。

 

オアシスは典型的な労働階級っつーか、まぁ言ってしまえば「下流階級」の出身で、ブリテンドリームを体現してるってことらしいんだ。


Oasis - Wonderwall

 

ブラーが、まぁ、「中流階級」っていう感じ。


Blur - Parklife

 

そして、レディオヘッドは、全員が有名私立の高校・大学を出たお坊ちゃんたちで、ボーカルのトムヨークのお父さんは有名な原子物理学者らしい。

 

それで、昔何かのインタビューで読んだんだけど、「(恵まれた出自だってことが)今の自分にとって最大の重み。罪悪感」とか言ってたんだって。

 

CROSSBEAT Special Edition レディオヘッド (シンコー・ミュージックMOOK)

CROSSBEAT Special Edition レディオヘッド (シンコー・ミュージックMOOK)

 

 ↑これのどこかのページにそのくだりが載ってます。

 

「罪悪感」ってすごいよね。

 

俺だったら、恵まれた出自だったら、最大限それを活かして人生謳歌してやるけどね。

 

やんごとなき方たちの考えることはわかりマフェン! でも、好きだよ!トムヨーク!

 

作ってる音楽半端ないし、てか、天才だし!