断酒奇譚

フリースタイル断酒ダイアリー

酒の不思議な話

若い頃はぜんぜん酒を飲んでいなかった。

学生時代も本ばかり読んでボッチの時間を過ごしていたので、

最初に「酒害」に出会ったのは社会人になってからの飲み会だ。

 

いつもつまらない会社の人たちの顔が輝いて親しげに見えた。

酒ってこんなに楽しいものなのか、と思った。

 

そのうち家でも一人で飲むようになった。

休日はどこかに出かけるよりも、部屋で飲んでいたかった。

出かけるとしても、酒を飲みに出かけるか、飲んでから出かけた。

 

そんな生活が10年くらい続いて、ある時自分は、酒は好きだし、会社の同僚と飲むのは楽しいけれど、同時に酒に困ってもいる自分を見出していた。

 

酒の席で何度か恥ずかしいことをやらかしてしまったこと。

酒を飲んだ翌日、だるくて何もやる気が起きないこと。

肝臓の数値も芳しくないこと。

 

しかし、酒をやめるという選択肢はなかった。

ほとんどのことが酒と結びついていたし、素面でいるのは仕事中くらいだった。

 

その後、結婚したが、妻と出会ったのも酒の席でのことだ。

 

この人生、酒という川に浮かんで進んでいるようだ。

しかし、ときどき溺れそうになり、陸に上がろうとするが、陸の上での生活はひどく味気なく、また川に戻りたくなるのだった。

 

昨日興味深いサイトをみつけた。

心の家路 〜アルコール依存症からの回復と自助グループの勧め〜

 

夜中に、もちろん素面で読んでいたのだが、なんというのだろう、奇妙に興味がそそられて、結局明け方近くまで読み通してしまった。

それでもまだ全部読みきっていないので、続きはこれから読もうと思う。

 

むかし観たトレインスポッティングという映画にも感じたことだが、アルコールや薬物にはまってしまうと、人生がそれを中心に回り出す。

「それをやる」

「それをやめる」

「それについて考える」

 

なるほど濃厚な付き合いだ。

 

人は常に何かに依存しているとは思う。

仕事や恋人や、そのほかなんでもいい。

それがたまたま「それ」だった、ということなのだと思う。

 

少なくとも、茫漠とした真っ暗な宇宙のような世界で、つかまる場所はできたのだ。

 

思うのは、酒を飲み始める前の人生では、つかまるものがなく、非常に心細かったということだろう。

その頃は主に文学の世界に何かを求めていた。

 

ここではない、どこかへ」常に向かう気持ちがあった。

 

外国に行けば、人生が変わる。

何かをきっかけにして、人生が変わる。

 

そうだ、変わることを求めていたのだ。

 

たとえば、外国の写真を見る。

ストックホルムなんかがいい。

そこには当然のことながら、これまでの人生で一度も関わりあったことがなく、恐らくはこれからの人生でも関わり合うことのないであろう人たちの生活が写っている。

 

日本とは全く違う造りの建物の窓に、明かりが灯っていて、暖かい色だ。

 

そこに住んでいる住人だったら、どんな人生だっただろう。

 

そんなふうに思うだけで、1時間くらい意識が飛んでしまうのだった。

 

だが、そのうち就職して忙しさと酒の味を覚えると、そんなことを考えることもなくなった。

 

あれから10年あまりが過ぎ、ふと仕事を離れ、酒も離れて見ると、自分にはまた、なんの縁もない遠い場所を空想する癖が残っていたことに気づく。

 

10年あまりまともに読書もしてこなかった。

久しぶりに読んで見るか。

お金と生活の悩みの話

どうもお金なんて気にしないと思っていたところがある。

どういうわけでそんなふうに思ったのか不明だが、自分の中に強固に既成概念として残っていたっぽい。

でも、ここ数ヶ月、「金さえあれば、だいたいの悩みは解決可能である」という事実に気づいて驚いている。

 

そもそも、わたしはうつ病を患って休職中だが、ぜんぜん治らず、復職できるのかも怪しい。

 

復職したいかどうかも怪しい。

 

会社員生活は楽しかったが、心の底で、「おれ、なにやってんだろ・・」というのがずっとあった。ずーーーーっと、あった。

 

どんなに仕事やる気出しても、やる気ないやつに引っ張られて躓いた。

 

例えば、仕事を早く回す工夫をしたとすると、それで早く帰れる、とはならない。

(早く帰りたかった)

実際は、グループに必ずいる残業代目当てのおっさんとか、仕事ができない一般職の女とかの仕事が、なぜか関係ないはずの私に回ってきた。

 

だから、やる気出しても、意味ない。

給料上がるわけじゃないし。

 

そんな毎日で、なんとなく、頭ボンヤリしながら満員電車に詰め込まれていたら、いつの間にかうつ病を発症した。

 

それで、しばらく休んでいたんだけど、最近まるで空から降ってきたみたいに気づいた!

 

「お金があれば解決するじゃん」

 

仕事の悩み、生活の悩み、自分の色々な悩み(割愛)、将来の不安・・・

 

欲しいものなんて何にも無いんだけど、嫌なことから逃れるためなら仕方ないよね。

 

しょうがねえ、お金でも稼ぐか。

 

でも、イヤな事して稼ぐつもりはない。

 

すごくやりがいのあることして稼ぐつもりだ。

 

それは、投資、てかトレードだね。

こないだ仮想通貨で大相場があって(つーか、本当に毎日いろんなことが起きる)

夜を徹して取引したんだけど、楽しかったなぁ。。

 

あんなに楽しかったのは久しぶりだ。

 

もうけたし。

 

こうやって自分の好きなことをして生きていくつもり。

 

会社はやめる(キッパリ)。

 

・・・あ、でも、投資で失敗したら、やっぱり戻るかもw

 

リスクヘッジは大事!(白目

断酒奇譚(5)眠剤と417Hzで暁知らず

酒の代わりになるものが見つかるとは思ってなかった。全然期待してなかった。

 

でも、今。

 

これはいいんではないか。

 

眠剤と417メガヘルツのヒーリングミュージックです。


【417Hz】驚くほど幸福が舞い降りる宇宙の周波数

 

あとこれもいい。


人類にとって最良の周波数528Hz The best frequency for humans 528 Hz

 

ぱっと見胡散臭いんだけど、まあどうでもええや。

 

酒飲んで、(飲まないで)、手元の睡眠導入剤を入れて、ベッドに横になって、これをうすーくかけて見なさいや。そしてベッドでじっとしていなさい。何か気になっても、敢えてじっとしているのです。

 

30分後には私の言ってることの意味が分かるでしょうて。

 

ほらもう、違うフィーリングになってきたでしょ。

 

また、明日〜。

 

爽やかに目覚めるよ〜。

 

まるで別人みたいに、スッキリだよ〜😄

 

よかったやん!

断酒奇譚(4)レディオヘッドは上流階級のお遊びロック

断酒男だ。

 

レディオヘッドが好きだ。


Radiohead - Creep, Live (Rare) '94

 

彼らがイギリスの上流階級出身だってことを知っている人は少ないんじゃないだろうか。

 

日本に住んでると、「階級」なんてのは普段は意識しないもんだ。

 

まぁ、たぶん、俺みたいなフツーの端くれの人間なら、意識しないはず。

年収が数百万多かろうが、少なかろうが、それなりにやっていくだけの世界だ。

俺にとって階級なんてのは、そんなもんだ。

 

ところが、イギリスでは「階級」もしくは「階級意識」ってのは根強く残ってるものらしい。

 

オアシスは典型的な労働階級っつーか、まぁ言ってしまえば「下流階級」の出身で、ブリテンドリームを体現してるってことらしいんだ。


Oasis - Wonderwall

 

ブラーが、まぁ、「中流階級」っていう感じ。


Blur - Parklife

 

そして、レディオヘッドは、全員が有名私立の高校・大学を出たお坊ちゃんたちで、ボーカルのトムヨークのお父さんは有名な原子物理学者らしい。

 

それで、昔何かのインタビューで読んだんだけど、「(恵まれた出自だってことが)今の自分にとって最大の重み。罪悪感」とか言ってたんだって。

 

CROSSBEAT Special Edition レディオヘッド (シンコー・ミュージックMOOK)

CROSSBEAT Special Edition レディオヘッド (シンコー・ミュージックMOOK)

 

 ↑これのどこかのページにそのくだりが載ってます。

 

「罪悪感」ってすごいよね。

 

俺だったら、恵まれた出自だったら、最大限それを活かして人生謳歌してやるけどね。

 

やんごとなき方たちの考えることはわかりマフェン! でも、好きだよ!トムヨーク!

 

作ってる音楽半端ないし、てか、天才だし!

断酒奇譚(3)防御策

眠剤と酒をチャンポンしたり、飲みすぎたり、記憶を失う。

 

痛飲人類にはよくあることです。

 

それで人類に迷惑をかけなければいいですが・・。

 

朝起きたら、知らない間に恥ずかしいLINEを送っていたり、電話をかけていたり。

 

これは相当まずい。

 

そんなわけで、今回はその防御策です。

 

今、トラックの運ちゃんたちには、呼気からアルコール度数を検知して、一定以上だと、トラックに乗せないという施策が実施されているようです。

 

応用して、酔っ払う前に、携帯とかPCとか、外部と連絡を取る手段を断ってしまいましょう。

 

まず、携帯にこれを装着。

 

 

 

PCにも同じものを。

 

これで、出来上がった後のあなたは、外部の誰とも連絡を取れない。

 

完全なスタンド・アローンです。

 

じゃあ、心置き無く飲みましょうか。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

翌日潭

 

人に迷惑はかけなかったが、macの履歴を見ると、どうやらこんなものを買おうとしていたらしい。うーん、朝になるとその時の気持ちは分からん。スターウォーズは好きなんやけどなぁ・・・

 

あと一歩で買うとこやったよ。。

グルマンディーズ STAR WARS iPhone6対応 レザーケース (ネックストラップ付き) ダース・ベイダー STW-39A
 

 

 

 

断酒奇譚(2)人類が断酒する理由

人類が断酒する理由についてなんとなく考えてみた。

 

当局が、アルコールに溺れ気味の人たちに「断酒せよ」というのは何故なのか。

 

だって、健康を害するのは飲んでいる本人だし。

 

まぁ、酒飲んで暴れたりする人もいるから、それはわかるけど。

 

そうじゃなくて、「あなたの人生、このままじゃトチ狂っちまいますよ」「あなた自身のために酒をやめましょう(ついでにタバコも)」みたいなことを言うのって、純粋に何故なんだろうってこと。

 

①医療費の負担が増える

イコール国民の保険の負担が増える、ってこと。

これはわかる。

飲んでない人まで自堕落に飲み続ける人の医療費を、間接的に負担させられてるんだ。やめてほしいよね。

 

②つーか、酒くせえ(タバコくせえ)

もうね、やめてよ、臭いから。

そうだよね。

 

③この社会の役に立て

これが一番重要なんだと思う。

酒飲んでて仕事にはならないし。

まぁ、夜の商売とか、飲んでナンボの人もいるけれど、それだって相手に気に入られる程度に飲めってことで。(多くのサラリーマンもそうか)

ちゃんと働いて税金納めなよ、ってこと。

そして、飲まない僕らと同じ側にいて、ちゃんと今のこの社会を回して行こうぜってこと。

さっきの①が医療費を食い荒らす元凶だとしたら、食い荒らすんじゃなくて、それを支える側の人間になろうよ、ってこと。

 

さて、ここまで書いてきて、人類は断酒する側と、浴びちゃってる側に分かれるんだけど、俺は時々浴びちゃってる。そして時には断酒してる。

 

その2つの間を行ったり来たりして、どちらの時も互いの気持ちが分からない。

ちなみに今は飲んじゃってる。

 

そう考えると、断酒人類と痛飲人類の戦争が起こっていると思うんだ。

 

そしてそれは、単に今の社会の中でそうってだけじゃなく、どちらの遺伝子が残っていくかという人類の進化の過程でもあると思う。

 

まぁ、普通に考えて、痛飲人類に勝ち目はない。

 

だけど、どうもこの社会は(日本社会ね)、酒を無くそうとはしていないようだ。

 

だとすると、これは、断酒人類による痛飲人類への巧妙な攻撃なのかもしれない。

 

酒はいくらでもありますよ〜。コンビニで昼間っから買えますよ〜。発泡酒なら100円しませんよ〜。

 

と、誘っておいて、突き落とす、的な。

 

誰でも酒に溺れられる、という条件は一緒だけど、「僕らは溺れません」。

そうやって、断酒人類がその優越性を示すための術なんだ。

 

ここまで考えたら、眠くなった。

 

飲みすぎだね。

 

また明日考えよう。

 

おやすみ〜。

断酒奇譚(1)断酒失敗

私は断酒男だ。

社会人になってから酒の飲みすぎで肝臓の数値がイロイロとヤバい。

そこで、カレンダーにバッテンつけながら、断酒している。

 

断酒しているんだが・・・・

 

昨日盛大にやってしまった。

 

以下は、その時の話だ。

 

夕方をこらえ、夜8時過ぎ、そろそろ酒を我慢するのも辛くなってきた...

 

眠剤を入れて早めに寝ちまおう。

 

だが悪いことに、そのとき私は、『カウボーイビバップ』というアニメを始めから見直していた。

 

大好きなアニメだ。

f:id:danshu-kitan:20170527195538p:plain

 

このアニメには、酒や煙草の似合う光景がワンサカある。

 

時計の針を睨むと、2015分を指していた。

 

もういいだろう。

 

翌朝ちょっと早めに目が覚めちまうかも知れないが、眠剤で強制終了だ。今日もよく頑張った。

 

断酒さえできれば、100点だ。

 

そう、働かなくても、台所で煙草吸っちゃってもOK。医者から貰った薬を飲まなくても、ランニングをサボっても、寝転がってXXXばかりしててもOK。将来の事なんて何にも考えなくていい。

 

そう、ただ、酒さえ飲まなければ。

 

私は断酒原理主義者だ。

このどん底から這い上がるには、ここから始めるしかない。

 

だが、その次の瞬間、私はグラスに、ウィスキーを注いでいた。

 

アニメの中で、ビシャスという影キャラが何か気の利いたセリフを言ったんだと思う。

 

それで興が乗ってしまった。

 

まぁ、一杯だけなら仕方あるまい。

ていうか健康に良いだろう。

 

ていうかアニメが悪い。

 

そのとき、タイミングが良い(悪い)事に、唯一の酒場友達・きーちゃんからラインが入った。

 

「すーちゃんなにしよんの?」

 

「断酒に失敗しとる」

 

「カラオケ行こうず」

 

「いいよ」

 

てな具合で駅で待ち合わせる事になった。

 

ちなみにすーちゃんというのが私の名前だ。

 

きーちゃんは私と同い年のビッ◯だが、私はセックスはしてない。

 

そこからは坂道を転げ落ちるように酒を浴びた。

 

だが、若い頃ほどカラオケに熱中できなくなっている事は間違いない。

 

カラオケだけではない。

 

ほとんどの事に興味を失いかけてもいた。

 

翌朝目覚めると、外は快晴だった。

 

5月になり、やたら天気が良い日が続く。

 

お天道様が目にしみる。