断酒奇譚

フリースタイル断酒ダイアリー

御社の仕事のだるさについて考察する

おっす!オラDanshuー!

ひえーっ!オメエ強えな!!まだ御社で働いてんのけ?!!

オラワクワクすっぞ!!(あいさつ)

 

というわけで、私がなぜ御社で働きたくないのか、考察して見ました。

 

2年もお休みを頂戴しておりましたので、その間にすっかり洗脳も解け、世間並みの思考が出来るようになった次第であります。

 

形式主義

皆さんもお若い頃にはひしひしと感じていらっしゃったのではないでしょうか?

はい、形式主義です。

「こんなん誰得やねん」という謎の儀式が山ほどありますね?

それを「仕事」と称して1日中、そして1年中、そして生涯に亘ってプロパー奉仕していらっしゃるおじ様方も山のようにいらっしゃいます。

雇用を生んでるんでいいんですけどね()。

 

年功序列

①の形式主義について、「お若い頃はひしひしと感じてらっしゃったんではないですか?」と申し上げましたが、今はどうでしょう?

10年後は如何でしょうか?

もはや何の疑問も抱かず、むしろ若い世代に「考えるな、感じろ」と押し付ける側に回っている事でしょう。

理由は「自分もそうされてきた」からです。

寒っ!!

 

③通勤

これは御社に限りませんが、私も先日15分間の産業医面談のために往復4時間かけて新橋に来るよう言われて久々電車に乗りました。

たった15分間の面談「おー、もうちょっと頑張ろうな!」と言われて終わりです。

非 効 率

 

④長時間残業

形式主義年功序列の罠、非効率な移動時間が生むものは?

そう、長時間残業です。

効率的に作業できないのですから、当然夜遅くまでやる事になります。内容は非常に薄っぺらです。

しかもそれが時間給()を生むのですから自ら進んで居残りをする者もおり、中には大仏様のように瞑想に耽っている方もいらっしゃいます。

合唱。

そして自らがわざと時間を掛けているなどと思われないために、定時で帰る若者を非難し始めます。

若者はまともなので、効率的に作業を進めた結果、定時までに仕事を終えただけなのにです。

決まり文句は「あいつは頑張ってない()」「努力()してない」「チームワーク()を重んじてない」「マインド()を軽んじてる」「ビジネスマナー(?)」「エアーが読めてない()」などです。

こうして、真っ当な思考を奪われた若者も、やがては似たようなおじ様になり(以下ry

 

現在も御社で働いている優秀な皆様におかれましては、真っ当な思考を保ちつつ、気が狂わない程度に役割を果たして、出世して頂きたいと思っています(これはマジ)。

そしてアホみたいなしきたりを是非廃絶してください。多分無理だけど。

 

以上、つらつらと書記連ねていて参りましたが、私が御社を去る理由は、更に連ねればキリがありません。

一言で言えば、「だりーんだよクソガァァァ」です。

 

人類の進歩と断酒。

ホントに重要だお。